【はじめて】いまさら聞けないフラット35|いろは不動産は広島市で不動産売買を通じて想いや夢を叶える会社。幅広い売買物件・賃貸物件から住宅ローンからリフォームまで!

【はじめて】いまさら聞けないフラット35

d545c999063ca6aa9a6c8461d8cf4f46
【はじめて】いまさら聞けないフラット35


フラット35のメリット・デメリットをお話します。

今回は【超初級編】として簡単に概要をまとめました。


フラット35はたしかに魅力的な住宅ローン商品です。

その理由は、借りやすさ安定性です。

そもそも

フラット35とは民間金融と住宅金融支援機構の連携によるものです。

つまり政府による持家推進のための金融商品なんです。

日本国政府が支援しているので、誰にでも借りやすいようにしてます。

しかし、政府による支援とは言え、どんな物件にも適用されるわけではありません。

近年、自然災害が毎年のように発生していますよね。

そんな災害に耐えられる住宅、
品質基準を満たした住宅に対してのみお金を貸し出すというのがフラット35です。

国民に、良い住宅に長く住んでもらうというのも狙いの一つです。

フラット35が借りやすいと言われるのには理由があります。

借り手がローン返済できなくなると、貸てに損害が生じるので、
一般の住宅ローンの場合は貸すに値する【人】かどうかを審査します。

しかし、一般の住宅ローンと同じ基準で審査しては、今まで借りられなかった人は当然借りられず、
持家促進にはなりません。

そこでフラット35は、人よりも【物件】を重視するんです。

もっと詳しく、知りたい方はこちらをご覧ください。

やはり、メリット大きそうですよね。

固定金利なので返済計画が立てやすかったり、
今まで借りれなかったしゅうにゅうが低めな人や、

収入はあっても自営業である人にも借りやすいなど、
非常にメリットが大きいローンです。

ただ勤続年数や雇用形態によっては、
一般の住宅ローンの方がメリットがあるケースもあります。

借り入れ期間が短く住む場合なども、
一般の住宅ローンの方が得する場合があるんです。

フラット35は一般の住宅ローンより金利が高めに設定されています。


迷ったらプロに聞こう!

どのプランがあなたに最適であるか我々が無料相談も行っています。
物件のお問合せや相談だけでなく、
住宅ローンの相談も良く本当に多い相談内容の一つです。


皆様もぜひ、お気軽にご連絡ください。

いろは不動産
メールアドレス:info@i68.co.jp